スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武に乗ると。

たまに利用する西武について。

まず、池袋線を走行する、「銀河鉄道999ラッピング車」。
こちらは練馬駅で撮影。
375.jpg
実際この時は、まさかこんな列車が走ってるなんて思いもよりませんから、驚いたままパシャリ。
ちなみに、こっちはメーテルの顔です。
なぜこんなラッピング電車が走ってるかは調べればわかるとおもいます。

次は新宿線の30000系スマイルトレイン。
678.jpg
こちらは正面。田無駅で撮影しました。
やっぱタマゴみたいなかんじなんですね。

676.jpg
こちらは車両側面外観で、沼袋駅で撮影しました。
この時たまたま急行の通過待ちで、長く停まってたので、その時に。

677.jpg
車内の液晶ディスプレイです。
見た感じ小田急3000系や、東急5000系グループや、JR東日本のE233系通勤型の車内液晶ディスプレイに似てるんですよね。

828 (2)
別の日に撮影の、行先表示器です。花小金井駅で撮影しました。
この時は急行運用についていましたね。
スポンサーサイト

東横線9000系

思い立ったらすぐ載せる、ということで、なんとなく見つけた東横線9000系の画像を数枚載せます。

HNI_0058_JPG.jpg
以前に載せた、9000系東横特急です。
なくなる前に一度でもいいから全区間乗りとおしてみたいです。

HNI_0063_JPG.jpg
こちらも以前載せた、トップナンバー編成です。
トップナンバー編成の東横特急は見たことがありません。
こちらも見ておきたいですね。

HNI_0020 (4)
急行列車です。自由が丘駅で撮影しました。

HNI_0032.jpg
偶然かどうかは知りませんが、渋谷駅で撮影した、各駅停車元町・中華街行です。
渋谷駅はかなりカーブがきつく、足元に注意しないとかなり危ないです。

HNI_0034.jpg
同じ列車を、多摩川駅で撮影したもので、隣は同じ9000系です。
東横線9000系とメトロ9000系のツーショットですが、これを見られるのもあと少しなんですね。

東海道新幹線で。

030_convert_20130214175943.jpg
東海道新幹線700系のグリーン席です。
たまたま乗った時に撮影したものです。

この時は団体専用列車に乗った時に撮影したので、列車名はありません。

047_convert_20130214180441.jpg
こちらは東海道新幹線吹田車両基地です。
京都~新大阪間で、新大阪に向かって右側に見えます。
撮影時は、4編成停まってました。
といっても、東海道新幹線の車両点検の殆どは、浜松の、東海道新幹線浜松工場で行われ、車両の製造もここで行われます。
夜の東海道新幹線に、静岡県内の駅が終点になる列車が多いのはこのためと思います。

なお、山陽新幹線は博多に車両基地があります。

おまけ
179_convert_20130214180904.jpg
阪急電車京都本線です。
途中、東海道新幹線と阪急電車京都本線が並行して走る区間があり、阪急電車が好きな私は、その並走区間付近に来たところで、窓の外に向かってカメラを構えてました。
写真の列車は特急阪急梅田行です。

さっぽろ雪まつり、いよいよフィナーレ!

sm_01826[1]
sm_01852[1]
sm_01907[1]
オランジュ「こんばんは、オランジュです。
      本日、2月11日、月曜日は、さっぽろ雪まつり最終日です。
      今年も大いに盛り上がった第64回さっぽろ雪まつりも、今日でおしまいです。

      ・・・さて、そんなさっぽろ雪まつりが終わりを告げるということで、本日21:45から閉会式が行われることをお知らせします。
      今回も、さっぽろ雪まつりの運営に携わった方々、札幌市民の方々、そして、さっぽろ雪まつりに来て下さったお客様に、感謝いたします。
      来年の雪まつりも楽しみにしましょう。
      
      ・・・では、オランジュからでした。」

写真
上・・・第61回さっぽろ雪まつり大通会場国際雪像コンクール
中・・・第62回さっぽろ雪まつり大通会場
下・・・第62回さっぽろ雪まつりすすきの会場

写真提供・・・札幌市札幌観光行政

秋川渓谷へ

518.jpg
ホリデー快速あきがわ号です。
東秋留駅での列車交換の際に撮影しました。

五日市線は、日中は、基本は東秋留駅と武蔵増戸駅の二駅で列車交換が行われます。
五日市線には、複線駅が熊川、東秋留、秋川、武蔵増戸の4駅があり、単線駅は武蔵引田だけなんで、この複線駅4駅のどこかで列車交換すればいいと思いますが、なんかダイヤ上、そうもいかないらしく、東秋留と武蔵増戸の二駅で行っています。
時刻表で確認してもそういうダイヤになっていますしね・・・

ホリデー快速も例外ではないみたいで、実際に東秋留駅で列車交換しました。
519.jpg
同じ列車の行先表示器です。
E233系はフルカラーLEDを使用しているので、快速のオレンジ、中央特快の青、青梅特快の緑、通勤快速の紫、ホリデー快速の赤、オレンジ、青と、なんかいろんな色の表示が可能みたいです。

さて、ホリデー快速あきがわ号は、元々秋川渓谷の観光客の輸送目的の列車みたいですが、なんか乗った限りではそんな感じは全然しなかったんですよね・・・
520.jpg
こちらが秋川駅です。
・・・いや、ここが秋川渓谷の最寄駅かはしりませんよ!?
たまたま下車した駅です。

いつかいってみたいですけどね。

東横・副都心直通運転間近!9000系東横特急

前回の続きです。

前回は東横線渋谷駅でしたので、今回は9000系を。

HNI_0058_JPG.jpg
渋谷駅で撮影した、9000系東横特急です。
個人的に9000系がすきなので、現役のまま走り続けてほしいところですが、そういうわけにもいかないんですよね。

今回の直通運転開始に伴い、東横線の9000系は、廃止になるそうです。

一部の車両は大井町線に転属するそうですが、赤帯ではなくなります。
これが、大井町線の9000系です。旗の台駅で撮影しました。
685.jpg

この赤帯の9000系こそ、東横線のイメージでしたからね・・・
HNI_0063_JPG.jpg
多摩川駅で撮影した、9000系トップナンバー編成です。

9000系の最後の雄姿くらい見届けてやりたいところです。

鉄道旅行篇番外編1 さっぽろ雪まつりin大通り

ベリー「さてさて、やってまいりました、札幌!」
オランジュ「こちら北海道石狩支庁札幌市の中心部、札幌駅前です!」
ハスカップ「いつになくハイテンションなオランジュです。」
シナモン「まあ、道庁所在地だし、なにしろ今日は・・・」
オランジュ「さっぽろ雪まつり!」
シーベリー「・・・雪まつりでこんなに人が多いんだね・・・」
ベリー「じゃ、さっそく会場へ行こう!」
シナモン「徒歩or地下鉄」
シーベリー「せっかくだから歩いて行こうよ」
ハスカップ「街を見ながら歩けますからね」
オランジュ「よし、大通公園へゴー!」

ーーーJR札幌駅→大通公園ーーー
オランジュ「うわー!一面銀世界!」
シーベリー「さすが雪国、屋根の上にも雪が積もって・・・ない!?」
ハスカップ「北海道の雪は、さらさらしてるから、風で飛びやすいんですよ」
シナモン「だから平たい屋根の建物が多いんだね」
ベリー「あ、大通・西4丁目だ」
ハスカップ「ササラ電車の運行時期です」
シーベリー「箒がついている除雪車か~」

ーーーさっぽろ雪まつりin大通公園ーーー
オランジュ「さてさてやってまいりました、さっぽろ雪まつり大通公園会場!」
ハスカップ「雪の彫刻やオブジェがたくさんあります」
シナモン「毎年これくらいの時季に行う、有名な行事で、公式サイトもあります。」
シーベリー「あ、あれすごい!」ダッ
シナモン「あ、ちょっと待った!!」
ベリー「え、早く入ろうよ!」
オランジュ」「彫刻やオブジェなどの作品に触れないでね!」

ーーー大通ーーー
ベリー「楽しかったね!」
オランジュ「さすがさっぽろ雪まつり!来たかいあったね~!」
シナモン「さて、札幌駅に戻るか!」
シーベリー「帰りは地下鉄で!」
ハスカップ「南北線と東豊線の二択です」
オランジュ「じゃあポピュラーな南北線にしよう」
ベリー「・・・ポピュラー・・・?」

ハスカップ「札幌市営地下鉄は、全線ゴムタイヤです」
シナモン「スズメの鳴き声がする、あれだね」

ーーー札幌駅ーーー
オランジュ「さて、戻って参りました札幌駅!」
ベリー「次どうする?」
ハスカップ「しばらく雪まつりは続きますしね・・・」
シーベリー「じゃあ、小樽に行く?」
シナモン「では、次回は小樽・余市に行きます!」

See you next time!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
雪まつりも明日でフィナーレ!
今年も盛り上がりましたね!

来年の雪まつりも楽しみですね。

7000系の呪い?

今日は某私立高校へ。

池上線に乗って行くんですが、今日はどういうわけか、4回乗ったうちの3回が7000系でした。
560.jpg

しかも、今日はどういうわけか、10回以上7000系を見かけているんですよね・・・
524.jpg

なんかあまりにも偶然すぎて逆に怖くなってきました・・・

開館1周年だから!特別な列車!on小田急

昨年小田急電鉄で走行していた列車。
HNI_0053_JPG.jpg
新百合ヶ丘で撮影したものです。
正面に藤子キャラが。ドラえもん、目立ってますね。

昨年、神奈川県川崎市の、藤子・F・不二雄ミュージアムが、開館1周年を迎えたらしく、各車両に藤子キャラがラッピングされた、特別スタイルの3000系が走行してました。
この時は、こんな列車が走ってることなんて知りませんでしたが。
648.jpg
成城学園に行った帰りに乗ったので、成城学園前から新百合ヶ丘までは、この東京メトロ16000系に乗りました。
この時は、多摩急行唐木田行の運用についてました。
どういうわけか、メトロ16000系に縁があるんですよね・・・

同じく新百合ヶ丘にて。
HNI_0054_JPG.jpg
さて、この列車、快速急行藤沢行でしたが、快速急行は、向ヶ丘遊園に停まりません。
登戸に停まりますが。

最後に、降車した、中央林間で撮影。
656.jpg

隣の列車は、同じ3000系でした。
もともとこんな車両なんですよね、3000系。
657.jpg


お気楽鉄研編注意事項

オランジュのオリジナルショートコメディお気楽鉄研編の注意です。

1.内容は基本鉄道関連事項です。
2.内容はほぼマニアックになりますので、ご注意ください。
3.登場人物は、共通登場人物に加え、アロニア、ショコラです。
4.基本的に、日本の鉄道及び法律に則っています。

快特?特急?

710.jpg
709.jpg

さて、二つの写真は、どちらも同じ列車の行先表示器(1000系ステンレス車)です。

快特は、快速特急の略なので、直訳すれば、「Rapid Limited Express」になるはずですが、・・・Limited EXP.になってますね。
京急は特急(Limited Express)もあるので、外国の利用客には非常にわかり辛いと思うんですよね。
本当かどうかは知りませんが。

お気楽科学部#1 メタノールとエタノール

ハスカップ「ええっと、エタノールは・・・」
ベリー「あ、水だ。オランジュ、飲んでいい~?」
シナモン「ん?ベリー?・・・って」
オランジュ「死にたくなきゃ飲まない方がいいよ」
ベリー「え?水で死ぬ?だって200ccしかないよ?」
シーベリー「ハスカップ、エタノールあったよ!」
ハスカップ「あ、ありがとう・・・って」
シーベリー「え?ああ!?」
オランジュ「それ水じゃなくてHCOOH!」
ベリー「酢酸水溶液なら平気でしょ?」
オランジュ「それはCH₃COOHでしょうが!」
シナモン「HCOOHはエタノール」バシッ←ハスカップに叩かれた
ハスカップ「メタノールだよ!肝心な所間違えてどうするの!」
シーベリー「そもそもエタノールはこっちだよ・・・」
ベリー「エタノールなら平気でしょ」
オランジュ「メタノールだって。200cc飲んだら確実に死ぬよ。」
ベリー「じゃあちょっとだけ」
オランジュ「失明して良ければどうぞ」
ベリー「それはやだ」
ハスカップ「あのさ、実験できないんだけど」

シナモン「何の実験?」
ハスカップ「エタノールとメタノールの1:1混合物を加熱した時の温度変化と、氷る温度の実験」
オランジュ「それでエタノールを探してたのね」
ベリー「じゃあこれは?」←人参持ってきた
シーベリー「・・・に、人参?なんで?」
ハスカップ「というか、βカロテンは色素だった気が」
シナモン「いや、カロテンはアルコールだけど・・・」
オランジュ「その問題以前に、液体かどうかもわからないしね」
シナモン「とりあえず実験すれば?」

ハスカップ「じゃあ、点火。」
オランジュ「ねえ、確か加熱するのって、エタノールとメタノールだよね?」
シナモン「じゃなかったら混合物つくらないよ」
シーベリー「!?ひ、ひ、ひ、火!」
ベリー「何あわててる・・・あああ!ひ、ひ、ひ、火!」
ハスカップ「二人とも何?まだ点火・・・!?わっわっ!」カチ←火消した
オランジュ「ちょ、窓開いてない!?」
ベリー「危うく死ぬところだった・・・」
シナモン「きづかなっかたら全員仲良くお陀仏になってたね」
オランジュ「縁起でもない!」
ハスカップ「気づいてよかった・・・」
オランジュ「ちゃんと確認してよ!」

See you next time!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
メタノールといえば、戦後間もないころ、闇市でエタノールの代わりに出回っていたもので、飲んだら失明、最悪死にいたるそうです。

カロテンも、アルコールの一種で、これがないと、目が見えなくなります。
緑黄色野菜を食べないと鳥目になるというのは本当みたいです。

鉄道旅行篇その3 網走・常呂編

ベリー「・・・ではでは、今回は北海道網走支庁網走市からお送りします!」
ハスカップ「こちら、網走駅前です!」
オランジュ「釧網本線の終点です」
シーベリー「そして石北本線の終点でもあります」
シナモン「流氷の季節になると、“流氷ノロッコ号”が来ます」
ベリー「・・・で、どうするの?」
オランジュ「・・・といわれてもね・・・」
シーベリー「う~ん、オホーツク海、遠いよね・・・」
ハスカップ「観光案内所で聞く?」
シーベリー「え~・・・」
オランジュ「とりあえず、バスに乗ってみる?」
シナモン「そうしよう・・・って。」
ハスカップ「バスの行先、明らかに多いよね?」
シーベリー「みんな長距離だしね。とりあえず、オホーツクに向かう路線に乗ろうよ」
シナモン「じゃあ常呂町に行こっか」

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
シーベリー「さてやって参りました、常呂町!」
ハスカップ「・・・オホーツク海じゃありませんね」
オランジュ「この湖は“サロマ湖”といって、日本で二番目に大きな湖です!」
シナモン「確か当て字は“佐呂間”だったはず」
ベリー「・・・にしても、すごく広い湖だよね・・・」
シーベリー「で、オホーツク海はどこ?」
シナモン「え・・・み、見えない・・・」
オランジュ「そりゃ見えないでしょ。だって目前にサロマ湖が広がっているんだからね」
ベリー「常呂町でオホーツク海が見えるといった人誰」
シーベリー「シナモンでしょ」
シナモン「ええ!?いや、言ってないけど!?」
シーベリー「だって常呂町に行こうって言った言い出しっぺ、シナモンだよ?」
シナモン「いやいや、オホーツク海が見えるとか言ってないよ!」
オランジュ「ま、まあまあ、とりあえず網走駅に戻ろっか」

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
シーベリー「“流氷特急オホーツクの風”」
オランジュ「そこは普通の“オホーツク”でいいよ」
ハスカップ「流氷特急オホーツクの風が運行してるかどうかもわからないしね」
シナモン「とりあえずオホーツクに乗ろう」
ベリー「そういえば、5日から11日まで、さっぽろ雪まつりだよ」
オランジュ「じゃあ札幌に行こう!」
ハスカップ「次回は札幌に行きます!」

See you next time!

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
短い上に適当ですいません!
いや、網走といえば流氷なんですけどね。
本物の流氷を見たことがないため、すごく適当になってしまいました・・・

今回登場した、常呂町は、カーリングで有名だそうです。
なんと、小学校の体育の授業でカーリングをやるんだそうです。
もちろん、私はやったことありません。

網走には、「オホーツク流氷館」というところがありまして、こちらに訪れたときに、流氷の写真を見ました。
写真でもやはりきれいなんですね、流氷・・・!
いつか本物を見てみたいです。

では、また次回お会いしましょう!

オランジュのオリジナルショートコメディ共通登場人物

書き損ねていた上に、なんかシリーズが増えたので、まとめて書きます。

共通注意事項も。

なお、ここは頻繁に書き換えられる可能性があります。

共通登場人物
オランジュ、ベリー、シナモン、ハスカップ、シーベリーの5人

共通注意事項
1.他の記事に比べ、一回の長さが長いです。
また、回や内容により、一回の長さが大きく変化します。
2.基本的に実在する施設や交通・物質等を使用する、セミフィクションです。
3.マニアックな内容になるかも知れませんのでご注意ください。

それぞれのシリーズの注意書きはリンクから。
特に、科学部篇の注意事項はよく読んでから閲覧してください。
鉄道旅行篇・・・リンク『鉄道旅行篇閲覧注意』
お気楽科学部篇…『お気楽科学部篇閲覧注意』
お気楽鉄研篇…『お気楽鉄研篇注意事項』

鉄道旅行篇その2 摩周・阿寒篇@摩周駅!

オランジュ「第二話は、こちら北海道根室支庁弟子屈からお送りします!」
ベリー「今いるのは、JR釧網本線摩周駅です!」
シーベリー「ここから、徒歩約60~80分のところに、阿寒湖が」バシッ←シナモンに叩かれた
ハスカップ「歩かなくても、バスあるんで大丈夫ですよ~!」
シナモン「普通は歩こうとか思わないけどね。」
オランジュ「この摩周駅は、改称前は弟子屈駅でした。」
ハスカップ「今は弟子屈よりも摩周湖の方が有名ですけどね。」
シーベリー「隣の駅は南弟子屈のままなのにね」
シナモン「まー・・・そりゃ町名が弟子屈町だものね。」
オランジュ「じゃあ、まず摩周湖にいってみよう!」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シナモン「自然いっぱい!」
ベリー「だねー!あ、火山」
ハスカップ「摩周湖のまわりは盆地と火山ですよー」
オランジュ「そして、この摩周湖は日本一の湖です!」
シーベリー「え、大きさとか?」バシッ←再びシナモンに叩かれた
シナモン「それ琵琶湖ね。」
ハスカップ「日本一透明度の高い湖です」
ベリー「さすが、北海道の湖・・・」

ーーー阿寒湖ーーー
シーベリー「さて、阿寒湖温泉到着!」
ハスカップ「こちら阿寒湖温泉街です!ホテルや売店が立ち並んでいます!」
ベリー「そして、なんといってもこのマリモ!」
オランジュ「阿寒湖のマリモは特別天然記念物に指定されています」
シーベリー「店で売っているマリモも成長するよ!」
シナモン「阿寒湖遊覧船に乗るか、遊歩道を歩くか」
ベリー「じゃあ、二手にわかれて行動しよう」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
オランジュ「・・・で、こちら阿寒湖遊覧船です」
ベリー「あの小島までいきます!」
オランジュ「にしても、いい景色だね!」
ベリー「流石北海道」バシッ←オランジュに叩かれた
オランジュ「そういうことじゃないでしょうが!」
ベリー「あ、そろそろ着くよ!」
オランジュ「緑の木々が生い茂ってるね・・・」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ハスカップ「こちら遊歩道組です」
シナモン「かの有名な弁慶さんが湯治をしたと言われる足湯からスタート!」
シーベリー「あ、ここが入り口みたいだね。」
ハスカップ「じゃあ行ってみましょう」

シナモン「にしても、左に湖、右に木々生い茂る森・・・」
シーベリー「森林浴にはもってこいの場所だね!」
ハスカップ「とりあえず、この先の“ボッケ”って所まで行きます!」
テクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテク

シーベリー「あ、なんか明るい所が!」
ハスカップ「あそこみたいだね。」
シナモン「あ、あった、これがボッケかー」
ハスカップ「こっちね。・・・おお~・・・」
シーベリー「これがボッケかー・・・ぼこぼこ間欠泉」
シナモン「間欠泉というか、これは・・・」
ハスカップ「普通に沸いて出てますね。」
シナモン「阿寒湖も見渡せるんだね」
シーベリー「まわりがひらけてるからね」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ベリー「ついたね・・・なんか博物館らしき建物が」
オランジュ「いや、博物館だよ。ここには、北海道・・・特に、この阿寒湖周辺の生物や、マリモについての展示があります」
ベリー「じゃ、入ろう」バタン
オランジュ「阿寒湖のマリモについての詳しい説明があるので、一見の価値ありです」

ー40分後ー
ベリー「あー、楽しかった!」
オランジュ「もう出航時間」
ベリー「・・・え"」
オランジュ「ほら、急いで!」ダッ
ベリー「え、ちょ、えええ!?」ダダッ


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ハスカップ「ボッケと阿寒湖を十分に堪能したところで」
シナモン「帰りますか」
シーベリー「どっちから?」
シナモン「来た道戻るよ」
ハスカップ「余談ですが、この周辺には、有名な歌人の詩が彫られた石碑が数ヵ所あります。」

テクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテクテク

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ーーーホテル阿寒湖荘前ーーー
シナモン「というわけで、入り口に戻って来ました」
ハスカップ「ここは、ホテル阿寒湖荘の裏になります」
ベリー「あ、揃ってるね!」

ー20分後ー

シーベリー「さて、じゃあ次行こう!」
ハスカップ「とりあえず釧網本線です」
ベリー「じゃあ網走にいく?」
シナモン「丁度流氷の季節だしね!」
オランジュ「じゃあ、次回は網走へ!」

See you next time!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
書き損ねたあとがきを。

実は、ホテル阿寒湖荘に泊まったことがあります。
去年泊まったとき、たまたま一部屋しかないと言う、一番豪華な部屋に泊まりました。
流石、一番豪華な部屋と言うだけあって、とても広かったです。
そして、写真撮りまくりました。写真係なので。
私は、写真を撮るのがなんとなく好きで、北海道に行ったら、必ず風景写真や、ホテルで出た料理等をとにかく撮りまくります。
そして、最終的に、容量不足になるんですよね。

ホテル阿寒湖荘が気になる方、行ってみてはどうでしょうか?
阿寒湖の景色がとても綺麗ですので、遊歩道もおすすめです。

お気楽科学部篇・説明

オランジュのオリジナルショートコメディお気楽科学部篇の説明です。

この項はよく読んでください。
危険なところがあります。
1.内容は、化学、地学、生物学、物理学からランダムです。
2.化学及び生物学分野では、微妙にグロ表現があるのでご注意ください。
3.化学分野では、実際に存在する物質が出てきます。
その中には、非常に危険な物質もあります。
そのため、簡単に手に入ると思っても、簡単に手に入るものではないことがほとんどです。
4.また、毒物も出てきます。本当にやってみようなどと考えないようにしてください。
殺人及び殺人未遂・傷害は犯罪です。
5.生物学分野では、微生物が登場します。
その中には、危険な微生物も含まれます。
安易に、実際に捕まえようとか、見てみようとか考えないようにしてください。
6.地学は、広い意味で、火山や地震、天体まで出てきます。
7.力学分野は登場率が非常に低いです。
8.登場人物については、オランジュのオリジナルショートコメディ共通登場人物です。

東横・副都心直通運転間近!東横線渋谷駅正面口から

最近のニュース。

東急東横線と、東京メトロ副都心線間での相互直通運転が、2013年3月16日に開始するそうです。
いや、するんです。
何故言い切れるのか。
その答えは、去年、自由が丘に行ったときに、『東横線・副都心線直通運転開始2013年3月16日』とでっかく書いてある垂れ幕・・・いや、あれは布製ポスター(?)があったからです。
まさか本当に直通運転が開始するとは、夢にも思いませんでしたからね。

その直通運転で消えるものその1。
それが、この写真です。


この写真は、東横線渋谷駅正面口の改札を撮影したものですが、東横線・副都心線の直通運転が開始すると、この駅がなくなるんだとか。

東横線の列車は、全て地下の副都心線ホームで折り返し業務をするそうで、そのための準備もされていました。

今の渋谷駅がいいか、副都心線渋谷駅がいいか。
ここの意見はわかれそうですね。

鉄道旅行篇その1・釧路駅

オランジュのオリジナルショートコメディ鉄道旅行篇の始まりです!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ベリー「記念すべき第一話は北海道根室支庁釧路市の、釧路駅からお送りします!」
シーベリー「・・・おおっ・・・」
ハスカップ「こちら釧路駅前です!」
シナモン「釧路駅前には、車の駐車場、そして一番驚くのが、鉄道の車輪のオブジェ!」
オランジュ「釧路駅前には、いろんなオブジェがおいてあります。」
シーベリー「そして駅から少し歩くと・・・」
ベリー「こちら、和商市場!」
ハスカップ「勝手丼で有名です。」
シーベリー「よし、早速たべよう!」ダッ←建物に駆け込もうとする
ベリー「あ・・・」
シーベリー「ん?・・・わ!?」ガンッ←自動扉にぶつかった
オランジュ「・・・い、言わんこっちゃない・・・」
ハスカップ「和商市場は立派な建物、入り口はガラス製の扉ですからねー・・・」
シーベリー「は、早く言ってよ・・・」
シナモン「さっさと突っ走って行ったあんたが悪いんでしょうが」
オランジュ「と、とりあえず気をとりなおして、和商市場に入ってみましょう!」バタン←扉の音

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
オランジュ「・・・さて、和商市場の中に入りました!」
ハスカップ「にぎやかですね~!」
シナモン「かなり人が多い気がする・・・」
シーベリー「じゃあ早速勝手丼を食べよ」グイッ←ハスカップに襟首掴まれた
オランジュ「とりあえず、和商市場の中には、魚介類の卸売り・小売業者さんのお店が集まっていて、新鮮な魚介類の刺身を頂いたり、お店によっては、蟹汁を売っているお店もあるんです。」
シーベリー「あ、あの店、刺身がたくさん置いてあるよ!」
シナモン「ご飯がないでしょうが」
ハスカップ「和商市場で勝手丼を食べるときは、まず、ご飯を買わなければいけません。そして、そのご飯を売っているお店は限られているため、ご飯を売っているお店でご飯を買ってから、中を見て回り、好きなお店で好きな具を買う、という流れです。」
シーベリー「じゃあ、ご飯買おう」テクテク

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

シーベリー「よし、ご飯ゲット!」
ハスカップ「さーて、どの店にしようかしら・・・」キョロキョロ
オランジュ「じゃあ私はこの店で・・・」
シーベリー「じゃあボクはあっち」
シナモン「私はあの店にしようっと」
ベリー「にしても、広いだけあって、店が多いね。迷いそう・・・」
オランジュ「じゃあ、この席で待ち合わせね。」
シナモン「おけー」
ハスカップ「和商市場の中の、お店が入ってないスペースには、テーブルや椅子が置いてあり、ここに座って食べることができます。」

ー20分経過ー
シーベリー「じゃ、先にいただくね!」パクッ←サーモン食べた
ベリー「じゃあ私もいただくね。」パクッ←マグロ赤身食べた
ハスカップ「わ、二人とも早い・・・」ガタッ←席に着いた
オランジュ「じゃあいただきまーす!」
シナモン「え・・・一番最後!?」ガタタッ←席について食べ始める。

パクパクモグモグシャクシャクパクパクチュルンッパクンッ

ー10分後ー
シナモン「あー、美味しかった!」
ベリー「だねー!」
ハスカップ「じゃあ釧路駅に戻りましょう」
オランジュ「あ、まだ入ってなかった・・・」
シーベリー「あー・・・」

テクテクテクテクテクテクテクテク

シーベリー「和商市場から釧路駅まで、徒歩約7分くらいだね。」
シナモン「まあ、駅から見えるくらいだしね」
オランジュ「さて、釧路駅前に戻ってきました!」
ハスカップ「これから駅の中に入ります!」

ー釧路駅舎内ー
オランジュ「この駅はみどりの窓口があります。もちろん、特急券や、長距離切符は、みどりの窓口で買うことになります。」
ハスカップ「道東では珍しく、有人駅で、券売機もあります。近距離きっぷは券売機で買うんですね。」
シーベリー「にしても、すごく広々してるね!」
ベリー「ポスターも多いしね。そして、売店が隣接してるね。」
オランジュ「売店で販売している商品はさすがに飲み物とか駅弁とかお土産ですね。」
シーベリー「じゃあ、そろそろ次に行こう!」
ハスカップ「・・・」
シナモン「いいんじゃない?」
ベリー「よし、じゃあ次は摩周・阿寒に行こう!」
オランジュ「それでは、次回は摩周・阿寒です!」
ハスカップ「それでは、またお会いしましょう!」

See you next time!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▽▼△▼
さて、記念すべき第一話、お楽しみいただけましたか?
私自身北海道が好きなので、北海道のネタがかなり多いです。
とか言ってると、ガラナが飲みたくなるんですよね。

では、次回またお会いしましょう!

高崎線の最新型車両、E233系

えー、こんにちは!
去年のクリスマスに、上野に行った帰り。
高崎・宇都宮線ホームで、普通に3DSで写真撮影をしていたところ、なんと、JR東日本の、高崎線用車両の中で最新型の、E233系3000番台がたまたま6(宇都宮・高崎線)番線に入線してきました!
その時は驚きしかありませんでしたね(笑)
こちらが、その写真です。


驚きと感動でした!
まさかクリスマスに出会えるとは・・・!
といっても、ただ単なる写真撮影なので、列車には乗りませんでした。

この写真を撮ったあとも、しばらく上野駅で写真撮影してました。
上野はなかなかいくことがないので。
そして、撮影対象路線は、上野始発の長距離路線の、高崎線、宇都宮(東北)線、常磐線です。
上野駅の、常磐線・高崎線特急ホームは、専用改札があって、駅員さんが改札業務をしていたので、入れませんでした・・・

では、また次回!

鉄道旅行篇注意事項

えー、こほん。

これより、オランジュの、オリジナルショートコメディ鉄道旅行篇・・・の説明をお送りします。
興味のない方はすっ飛ばしてください。

私以外の登場人物は、ベリー、シナモン、ハスカップ、シーベリーの4人です。

なお、鉄道旅行についてですが、別に私が実際に行ったときに起きた出来事とは関係のない、ストーリー完全オリジナルのセミフィクションです。ご注意ください。
なお、範囲は日本全国です。

では、次回から、ショートコメディをお楽しみください!

新幹線からMt.Fujiを望む!

記念すべき最初の記事は、日本一高い山、富士山から。

東海道新幹線の三島~静岡間の一部区間で、車窓に富士山が見えます!
晴れの日だとすごい絶景です!
特に、富士川を渡ってる時に見える景色は言葉を失うくらいの絶景です。
他の区間でも見えますが、民家に邪魔されたり、工場に邪魔されたりと、なかなか全体が見えないです。
東海道新幹線沿線は工場が多いんですね。

というわけで、今回は、東海道新幹線富士川の鉄橋を渡ってる間に撮影した富士山の写真です。


・・・最近東海道新幹線乗っていないんですよね・・・

はじめに

いらっしゃいませ。

このブログを閲覧する際は、以下の事項をよく読んでから閲覧してください。

а.記事について
 α.このブログは、ほぼ普通のブログですが、稀にマニアックな内容になることがあるのでご注意ください。
 β.内容は毎回変わりますが、主に、鉄道などの交通及びその沿線についての記事、ゲームについての記事になります。
  β-aなお、興味のない記事はすっ飛ばした方がいいかと思われます。
 γ.また、稀に英語が入るかも知れませんがご了承ください。

б.禁止事項
 δ.誹謗中傷、荒らし等は禁止です。
 ε.このブログに掲載されている画像及び文章の無断転載はしないでください。

в.リンクについて
 ζ.当サイトは、リンクフリーです。
   相互リンクは相互リンクの記事をご参照ください。

以上のことに同意いただける方は、ご自由に閲覧してください。
プロフィール

オランジュ

Author:オランジュ
最近ぷよぷよと鉄道にはまっています。
趣味は鉄道とゲームです。
最近のマイブームはぷよぷよと阪急電車。

閲覧の際は、『はじめにお読みください』を読んでから進んでください。

ここは基本鉄道関連記事オンリーです。

なお、リンクフリーです。
相互リンクを開始しました。
相互リンクの申し込みはメルフォからどうぞ。

ゲーム関連記事は、リンク先の「ベリーとシナモンのお気楽日記」へどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの乗客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ぷよぴたっ!SEGA!
ぷよぷよ!!おうえんバナー
ぷよぷよ!! ぷよぷよ!!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。